性病で発症するうつの相談

性病によってうつになった人の相談が増えており、ここ数年の若い人の間の性病の増加は目を見張るものがあります。アダルトビデオなどの普及によって、アブノーマルなハードなセックスをする若者がいることや同性愛者の増加などが原因としてあります。性病の悪化によって性器やその周辺の変化が経験したことのない人にとっては衝撃的なのでそのショックからうつ病になります。性病は痒みだけなく時には命の危険にも関わるのでなるべく慎重になったほうが良いです。また性行為の最中に性器に痛みなどが走るとそれは危険信号となります。性行為をしているパートナーにも危険が及ぶということを頭に入れて自分よりも相手のことを考えられるセックスをするべきだといえます。カップルで相談に来る人もいて精神が不安定な場合はその場でトラブルを起こす場合もあります。うつが発症してしまうと社会にも適応できなくなることがあるのでそれだけは避けたいところです。また性病によって性行為ができなくなるストレスというのも大きいです。性行為は人間のストレスの大部分を和らげるものであることが科学的に証明されています。また性病に一度かかってしまうと、性行為に対する恐怖心が芽生えてしまうこともあります。性病だと彼女や彼氏に知られた場合にはすぐに別れを告げられることもあります。こういった様々な相談の人が来るので、何か悩みごとがある人はすぐに誰かに助けを求めるべきです。一人で抱え込んだり開き直って性行為をやり続けることが後々に後悔となってしまいます。性行為はとてもデリケートなものなので、自分ひとりの勝手な判断をするのではなく専門医にしっかりと相談してこれからの性生活を考えるべきです。

ページの先頭へ戻る